ニュース

金持ち横山たかし死去の原因は腸腰筋膿瘍?若い頃の画像や漫才動画は?

金持ち横山たかし死去の原因は腸腰筋膿瘍?若い頃の画像や漫才動画は?

漫才コンビ横山たかしひろしの漫才師横山たかしさんが死去しました。

70歳で死去の原因は腸腰筋膿瘍。

金の車椅子に乗って漫才をしていた横山たかしさん。

若い頃や金の車椅子の画像や漫才動画、口コミなど探してみたいと思います。

横山たかしさんの弟子も探しました。

横山たかしプロフィール

  • 1948年生まれ
  • 愛媛県伊予郡松前町出身
  • ボケ担当
  • 横山やすしの弟子

横山たかし死去の原因は腸腰筋膿瘍?

 

この投稿をInstagramで見る

 

ブル太郎さん(@burutaro)がシェアした投稿

たかしさんは昨年1月、腸腰筋膿瘍(ちょうようきんのうよう)の手術を受け、療養した後に、同5月の興行で車いすながら、舞台復帰していた。復帰後も、足や腰のリハビリを継続。親しい関係者によると、その後、再び腰の痛みなどを訴え、治療を続けたが、再起はならなかった。

男性
男性
股関節進展で激痛、屈曲したままの肢位
男性
男性
父ちゃんがギックリではなく、膿瘍という病気にかかってたことが判って、昨夜緊急入院しました。

この病気は糖尿病の人がよくなる病気らしく、改めて糖尿病の怖さを感じました。

私もかなり食べる方なので、ちょっと食生活の見直しをしていかないといけないと思いました。

膿瘍は糖尿病の方がなりやすいそうです。

横山たかし死去の口コミ

 

この投稿をInstagramで見る

 

大阪府立上方演芸資料館さん(@wahha_kamigata)がシェアした投稿

男性
男性
生前お世話になりました。

軽妙洒脱でお人柄が素晴らしい方でした。

ご冥福をお祈りいたします。

男性
男性
おぼっちゃまこそ横山たかしさんが昨日お亡くなりになられましたご冥福をお祈りしますッス‼🙏🏼 
女性
女性
このコンビの漫才面白かったんだよね
男性
男性

元気に活動してる方でもいつかは逝ってしまう。
だから推しは推せる時に推せ、やないけど、ライブに行ける時は行く方がいい。

亡き横山たかし師匠の言葉をお借りして言わせてほしい。

大好きな芸人さん、そしてファンやフォロワーさん!

みんな!生きぃよーーー!🥺

男性
男性
横山たかし師匠亡くなったって、、すまんのぉ、笑えよ、など数々のキラーフレーズが私の日常に組み込まれてます。

本当にありがとうございます。

女性
女性
横山たかし師匠亡くならはった 

優しい声の『笑えよ~』はもう聞けんのか 

今となっては哲学的に思えるセリフや

女性
女性
えぇっ、あまりに突然の訃報で驚きました。

もう坊っちゃま芸が見られないと思うと残念でなりません。

心よりご冥福をお祈り致します。

横山たかしひろし 漫才動画

男性
男性
人情味、人間味に溢れる名人芸の漫才ですね!

男性
男性
笑う門には福、来る」一番、笑える漫才です
男性
男性
ここまで、ホラを吹くネタの漫才師は居ませんね、、、笑み。

横山たかし若い頃の画像は?

横山たかしさんの若い頃の画像を探しました。

横山やすしの弟子

 

この投稿をInstagramで見る

 

BlackDonutsさん(@blackdonuts)がシェアした投稿

横山たかしさんは横山やすしさんの弟子です。

横山たかしさんに弟子はいるのでしょうか?

横山たかしひろしの弟子

横山たかしひろしの弟子、横山ともや☆みちや。

 

この投稿をInstagramで見る

 

saori yasui /ラパンセ/さん(@yassubang)がシェアした投稿

横山たかし金の車椅子の画像

横山たかしさんの車椅子は話題になりました。

衣装と同じく、金の車椅子。

男性
男性
車椅子を金にしたのが流石芸人さんだと思った。

金持ちセレブの化けの皮が次々剥がれていく爽快感と哀愁がすごく好きでした。

男性
男性
おぼっちゃま金の車椅子作ってたんや!

横山たかしのセリフ

すまんの〜。大金持ちのおぼっちゃまじゃ。みんな笑えよ〜

男性
男性
「芦屋のお坊っちゃまじゃ。極楽にも豪邸を建てるんじゃ!先に行って、すまんの〜ぉ。」 ご冥福をお祈りいたします。
男性
男性
すまんのぉ国葬ぢゃ。みな参列せぇよ。。。

ほらを吹くだけ吹いて後で泣きが入るマンネリパターンでしたが、いつ見ても飽きない面白さでした。残念!

ダイラケ、いとこい、宮川左近ショウなど、もう見られないけれどまた見たくなる漫才師の仲間入りです。

男性
男性
すまんの~ めちゃくちゃ好きやったのになぁ

亡くなったの知らなかったなぁ

ご冥福をお祈りしますm(*_ _)m

男性
男性
横山たかし師匠…。お疲れ様でした。